東白川村へようこそ
ホーム概要歴史文化産業特産観光イベント施設交通案内リンク 
 ■村長室へようこそ  ■歴代村長  ■目安箱  ■過去の村長室へ
村長室へようこそ
 入道雲と青い空のコントラストが夏本番を感じさせる季節となりました。各地区で盆踊りや夏祭りが行われ、盂蘭盆(うらぼん)で帰省の皆さんや鮎釣りのお客さまで村が一番賑やかなときです。

 さて、村の人口は毎年減少を続けておりますが、先に「日本創生会議」が発表した将来推計人口が議論を呼んでいます。それによりますとこの村の2040年の総人口は1,387人と推定されています。これは、若年女性人口に着眼して推計されたもので、最近では「自治体消滅」の言葉だけが先行して話題になり、いたずらに危機感が煽られているような感じがします。
 以前日本中の注目が集まった言葉に『限界集落』がありました。集落の機能が維持できなくなり、集落自体が消えてしまうという議論でした。
 この村ではそうならないための取り組みを始めています。あまり将来を悲観することなく、確実に現在できることを、力を合わせてやっていく、そういう村は絶対に生き残れると信じています。実際、全国的にも当時、限界集落といわれた集落は生き残っていますし、地域のつながりが強い田舎は簡単には消えないはずです。現在、策定作業を進めています第五次総合計画もそうした思いで立案してまいりたいと考えています。
 定住人口の増加策は引き続き実施してまいりますが、一方で都市住民とのつながりを広く、深くして、村産品の販売促進や交流人口の増加をはかり、村を元気にする「つちのこむらメンバーズカード」事業を開始します。皆様のご協力をお願い申し上げます

 大変暑い日が続きます。熱中症には十分注意して頂き、お元気に過ごされることを祈念して、今月の村長室からとします。

 
東白川村長 今井俊郎



よりよい村政のために、村民の皆さんのご意見をうかがいます。どんなことでも結構ですので、お気軽にご意見をお寄せください。

↓こちらからどうぞ


村づくりミーティングをご希望の方はこちらから↓