カテゴリメニューはこちら

新型コロナウイルスワクチン接種について(6月29日更新)

2022/6/29

 

接種について(2022年6月29日更新)

  • 国と地方自治体による新型コロナウイルスワクチン接種事業の一環として行われます。
  • 接種は公費対象となり、希望者は無料で接種可能です。
  • 接種する日に5歳以上の方が対象です。
  • 2回の接種が必要です。日本で承認されているファイザー社のワクチンは1回目の接種から3週間後に2回目を接種します。
  • 3回目の接種は、12歳以上の方で、2回目の接種から5か月経過後からの接種です。※武田社製[ノババックス]は6か月経過後となります。
  • 4回目の接種は、下記対象者で3回目接種から5か月以上が経過した方です。
  • 小児(5歳から11歳)に対する接種については「小児接種について」をご覧ください。
  • 岐阜県では武⽥社ワクチン(ノババックス)の接種を必要とする⽅の接種機会を確保するため、「岐⾩県ノババックスワクチン接種センター」の開設及び予約受付を⾏っております。詳しくは「武田社ワクチン(ノババックス)」ページ(岐阜県公式ホームページ内/外部リンク)をご覧ください。(2022年6月29日掲載)

 

追加接種(4回目)について

 新型コロナウイルス感染症が収束しない中、感染拡大の不安は続く状況です。
 国は新型コロナウイルス感染症と共存するため、基本的な感染対策(マスク着用・手洗いや手指の消毒・密を避ける)と共に新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化を防ぐ目的として、4回目接種を推奨しています。
 このことを受け、村内での4回目接種の準備をすすめています。

4回目接種対象者と接種間隔
4回目接種対象者
60歳以上の方 2022年(令和4年)6月上旬から接種券を送付します。
18歳以上60歳未満で基礎疾患を有する方等
(年齢は接種日の年齢です)
「基礎疾患を有する方」に該当し、希望する方は欄外リーフレット掲載のFAX用紙か電話にて申請してください。
申込締切日:2022年(令和4年)6月30日
電話番号:
090-1611-9005(ワクチン相談窓口)
0574-78-2100(保健福祉センター)
FAX番号:0574-78-3028
4回目接種接種間隔
接種間隔 3回目接種から、少なくとも5か月以上空けて接種

 

4回目接種の予定
4回目接種の予定
3回目接種 4回目接種予定日
2021年(令和3年)12月・2022年(令和4年)1月に接種 2022年(令和4年)7月13日・水曜日
2022年(令和4年)2月20日までに接種 2022年(令和4年)7月20日・水曜日
※これ以降は決まり次第お知らせします。
  • 3回目までと同様、集団での接種を予定しております。
  • 会場:はなのき会館

 

12歳以上の3回目までの接種について

 希望される方はワクチン相談窓口又は保健福祉センターに御連絡ください。

12歳以上の3回目までの接種予定
接種予定日時 2022年(令和4年)
 6月20日・月曜日 16時30分
 7月26日・火曜日 14時
 8月22日・月曜日 14時
受付はいずれも午後から。
これ以降の接種日は未定。
会場 東白川村国保診療所
【連絡先】
 東白川村保健福祉センター(保健係)
 ワクチン相談窓口 電話番号:090-1611-9005
 又は
 東白川村保健福祉センター 電話番号:0574-78-2100

 

追加接種(3回目)について

 2021年(令和3年)12月1日から3回目の接種が始まりました。2021年(令和3年)12月から2022年(令和4年)1月は最初にワクチン接種をされた医療機関の従事者等の方から接種を行い、村民の皆様の接種は2022年(令和4年)1月から始めました。

追加接種(3回目)について
追加接種(3回目)概要
対象者 ワクチン接種を2回完了された方で、満12歳以上の方が対象です。
ワクチンの種類 使用するワクチンは、ファイザー社製とモデルナ社製2種類のワクチンを使用します。

【お願い】
1回目・2回目のワクチンと違う種類のワクチンを接種することを「交互(交差)接種」といいますが、安全性には問題ないとされています。
3回目の接種は、ワクチンの種類と数量配分が国・県によってされるため、希望される種類のワクチンを接種することができません。接種を受ける皆様には、接種時に村が保管しているワクチンを使用することになりますが、御理解と御協力をお願いいたします。
接種方法 1回目・2回目と同様、あらかじめ個別に日時を指定させていただきます。
接種券の送付 未接種で、接種を希望される方は保健福祉センターへ御連絡ください。(電話番号:0574-78-2100)
その他 【2022年(令和4年)5月以降に村に転入され、まだ1回目・2回目・3回目のワクチンを接種していない方・これから12歳の誕生日を迎える方】
接種を希望される方は、保健福祉センターへ御連絡ください。(電話番号:0574-78-2100)

【予防接種済証について】
「ワクチン・検査パッケージ制度」の実施に当たり、接種会場で受け取られた「予防接種済証」が必要です。
予防接種済証を無くしてしまったという方は、再発行しますので保健福祉センターへ御連絡ください。(電話番号:0574-78-2100)
※「ワクチン・検査パッケージ制度」については欄外掲載の「新型コロナワクチン追加接種(3回目)のお知らせ」リーフレット(PDFファイル)に掲載しています。

 

お問い合わせ先

保健福祉課 保健係(東白川村保健福祉センター内)

0574-78-2100(コールセンター:090-1611-9005)

メールでのお問い合わせはこちら

 

小児接種について(2022年6月10日更新)

  • 国と地方自治体による新型コロナウイルスワクチン接種事業の一環として行われます。
  • 接種は公費対象となり、希望者は無料で接種可能です。
  • 接種するワクチンはファイザー社製の5歳から11歳用で、同社の12歳以上用に比べて有効成分が3分の1になっています。新型コロナウイルス感染症の発症を予防します。
  • 接種する日に5歳以上12歳未満の方が対象です。
  • 2回の接種が必要です。1回目の接種から3週間後に2回目を接種します。
  • 接種には保護者の同意と立ち合いが必要です。

 

接種予定

小児用ワクチン接種予定
接種券の送付 お手元に届いていない方は保健福祉センターへ御連絡ください。(電話番号:0574-78-2100)
接種当日の持ち物 ・接種券
・問診表
・母子健康手帳
・本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証など)

 

接種後の副反応について

  • 副反応の現れやその強さには個人差がありますが、症状は、ほとんどが軽度又は中等度です。
  • 注射部位の痛みが一番多く現れます。接種後すぐ後よりも、受けた日の夜や翌日に痛みを感じる人が多いようです。
  • 疲れた感じや発熱などは、1回目よりも2回目の後の方が多く現れます。
  • ごくまれに、海外では子どもでも軽症の心筋炎を発症した例が報告されています。接種後4日程度の間にお子様に胸の痛み、動悸、息切れ、むくみなどの症状がみられた場合は、速やかに医療機関を受診して、ワクチンを受けたことを伝えてください。
    なお、心筋炎と診断された場合は、一般的には入院が必要となりますが、多くは安静によって自然回復します。(出典:2021.5 ACIP Meeting)
予防接種健康被害救済制度について

 予防接種では健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が起こることがあります。極めてまれではあるものの、なくすことはできないことから、救済制度が設けられています。
 新型コロナワクチンの予防接種によって健康被害が生じた場合にも、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金の給付など)が受けられます(※)。申請に必要となる手続きなどについては、住民票がある市町村に御相談ください。

(※)その健康被害が、接種を受けたことによるものであると厚生労働大臣が認定したときは、市町村により給付が行われます。
 認定にあたっては、予防接種・感染症・医療・法律の専門家により構成される国の疾病・障害認定審査会により、因果関係を判断する審査が行われます。

 子どもに対する新型コロナワクチンの有効性・安全性などの詳しい情報については、厚生労働省のホームページをご覧ください。

 

お問い合わせ先

保健福祉課 保健係(東白川村保健福祉センター内)

0574-78-2100(コールセンター:090-1611-9005)

メールでのお問い合わせはこちら

 

接種場所

 はなのき会館に集団接種会場を設けます。接種を希望された方お一人ずつに受付時間を設定して行います。
 個別接種の場合は村国保診療所で行います。

 

接種までの流れ

  1. 村から接種券、予診票、日時案内等を個別通知します。
  2. 日時変更やキャンセルは連絡をお願いします。事前に体温測定、予診票の記入をしてください。
  3. 当日、受付で検温・体調確認・接種券と本人確認書類の確認を行います。
  4. 看護師が予診票にもれがないか確認します。
  5. 医師が接種前に予診し、接種をします。
  6. 接種後は副反応などの症状がでないか20分から30分程度の健康観察を行います。
  7. 接種済証を受け取ります。

 

有効性と副反応

有効性について

新型コロナウイルス感染症の発症、重症化を予防します。ワクチンを受けた人が、受けていない人よりも、新型コロナウイルス感染症を発症した人が少ないということが分っており、その効果は約95%と報告されています。

副反応について

接種後すぐに現れる可能性のある症状について
接種後すぐに現れる可能性のある症状について
アナフィラキシー

  • 薬や食物が体に入ってから、短時間で起こることのあるアレルギー反応です。
  • じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下や意識レベルの低下を伴う場合をアナフィラキシーショックと呼びます。
  • 起こることはまれですが、接種後に症状が起こっても、すぐに対応が可能なよう、会場でも医薬品や体制を準備しています。

血管迷走神経反射

  • ワクチン接種に対する緊張や、強い痛みをきっかけに、立ちくらみがしたり、血の気が引いて時に気を失うことがあります。
  • 誰にでも起こる可能性がある体の反応で、通常、横になって休めば自然に回復します。
  • 倒れてケガをしないように、背もたれのある椅子に座って様子をみてください。

 

接種後、数日以内に現れる可能性のある症状について
接種後、数日以内に現れる可能性のある症状について
発現割合 症状
50%以上 接種部位の痛み、疲労、頭痛
10%以上 50%未満 筋肉痛、悪寒、関節痛、下痢、発熱、接種部位の腫れ
10%未満 吐き気、嘔吐

 

相談窓口について

接種券、実際の接種について、案内方法について

 東白川村相談窓口
 電話番号
  1. 090-1611-9005
  2. 090-1611-9347
  3. 090-1611-9994
 (受付時間:8時30分から17時まで[土日祝日含む])
 又は
 村保健福祉センター
 電話番号:0574-78-2100
 (受付時間:平日・8時30分から17時まで)

 

接種してもよいか、接種後の副反応の相談

 東白川村国保診療所
 電話番号:0574-78-2023
 (受付時間:平日・13時から17時まで)
 又は
 かかりつけ医

 

ワクチン接種に関する質問や相談(接種後の副反応への対応方法など)

 岐阜県新型コロナワクチン接種相談窓口 
 電話番号:058-272-8222
 (受付時間:9時から21時まで(土・日、祝日も対応します)

 

施策の在り方等

 厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
 電話番号:0120-761-770
 (受付時間:9時から21時まで[平日、土日・祝日])

 

 

お問い合わせ先

保健福祉課 保健係(東白川村保健福祉センター内)

0574-78-2100(内線:633 634)

メールでのお問い合わせはこちら

記事一覧に戻る

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる