カテゴリメニューはこちら

ヒートショックの予防について

2018/12/14健康・保険・年金

ヒートショックとは、寒い部屋から暖かい部屋への移動などによる急激な温度の変化によって血圧が大きく変動するなど、身体に大きな負荷がかかることをきっかけにして起こる健康被害のことです。
 失神や不整脈を起こしたり、重症の場合は急死に至ることもあり、気温の下がる冬場は特に危険です。
岐阜県では、『ヒートショック』の説明をはじめ、冬場に安全なお風呂タイムを過ごすための注意点をまとめたチラシを作成しましたので、ぜひ職場、ご自宅で周知・啓発にご活用ください。

 

 岐阜県のホームページに、ヒートショックとその対策についての詳しい掲載がございますので、併せてご覧ください。

お問い合わせ先

岐阜県健康福祉部 高齢福祉課 長寿社会推進係

058-272-8289(FAX:058-278-2639)

 E-mail:c11215@pref.gifu.lg.jp


 

記事一覧に戻る

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる