春に楽しむ紙芝居

2020/03/14 紙芝居

1、となりのさくら
B4判紙芝居 (童心社)
脚本 桂文我
絵 長野ヒデ子

落語をもとにした紙芝居です。
ケチで意地悪な隣りの隠居が、塀からはりだしたさくらの枝を切り取ってしまいました。怒ったやかん頭の隠居が謝るように言いますが、「塀をはみ出したはなをどうしようと私の勝手だ」と言い返されます。何とか、隣りの意地悪隠居をやっつけようと考えます。でも、最後は、やはりめでたしめでたしで終わるところがいいですね。

2、はるのにおいがするよ
B4判紙しばい 教育画劇
作 矢崎節夫
絵 鈴木幸枝
鈴木さんらしい優しい絵です。
くま君がやさしいにおいを嗅ぎつけます。そのにおいは、ねずみのあかちゃんのにおいでしsた。キツネ君が仲間に加わり、においをさがします。おいしそうなにおいをかぎつけます。
いろいろなにおいを探し、春のにおいを見つけます。

記事一覧に戻る

おかめや

〒509-1302
岐阜県加茂郡東白川村神土697-7

tel.0574-78-2066

fax.0574-78-2066

リンク:ページの先頭へ戻る