木から花粉が飛散していく。

「べにふうき」とは?
 
べにふうき(紅富貴)は、日本の「べにほまれ」と中国系の「ダージリン」を交配して作られた紅茶用の品種。
従来、紅茶用に開発されてきましたが、紅茶を作る際に行う酸化・発酵工程で花粉症に有効なメチル化カテキンが消滅してしまうことから、緑茶として加工されるようになりました。
べにふうきには渋み成分であるカテキンのうち、花粉症に有効なメチル化カテキンが他の茶類より多めに含まれていることが発表され、非常に注目されるようになりました。
 
メチル化カテキンがアレルギー(花粉症等)対策に良いのはなぜ?
 
アレルギーは通常無害な物質に対し、過剰に反応してしまう体質のことを指します。
アレルギー物質(アレルゲン)が体内へ入ると、血液中のlgE抗体と結合します。すると脂肪細胞はヒスタミンなど炎症性物質を放出し、体のあちこちで炎症反応が起こるのです。
「べにふうき」に含まれるメチル化カテキンは、一般の茶葉に比べて強い抗アレルギー作用があると言われ、メチル化カテキンは、アレルギー反応を起こすとされる物質が体の中に付着することを抑えます。
数少ない限られたお茶にしか含まれておらず、飲むとすぐに違いを実感できるのもメチル化カテキンの大きな特徴です。
お茶ですので薬とは違い副作用が無いのも安心です。
 

五加茶生産組合

〒509-1303
岐阜県加茂郡東白川村五加1231-1

tel.090-2611-4594

fax.0574-78-2850

リンク:ページの先頭へ戻る