カテゴリメニューはこちら

佐藤 里奈さんの部屋 | 8月活動報告書

東   白   川   村
地域おこし協力隊
活   動   報   告

8月。やはり暑いです・・・が、クーラーがなくても扇風機があれば快適に過ごせます。
扇風機とすいかと素麺。これがあれば夏は乗り切れます。

8月のはじめ、過ごしやすい東白川を離れ、二日間福島へお茶の物販へ行ってきました。
福島県白河市という、新撰組にゆかりのある歴史ある地域です。
土日の二日間、農産物直売所でのお茶の試飲販売をしました。
私の地元青森もそうですが、東北ではお茶を飲む人は多いと思います。
寒い冬は熱いお茶に限りますし、田んぼの農作業の一服にもお茶は欠かせません。
福島の方もお茶を日常的に飲むという方がたくさんいらっしゃいました。
流通しているのは静岡のものが多く静岡の深蒸し茶の味に慣れた方に
白川茶を飲んでいただきました。
どんな反応だろうと・・・ドキドキしていると、
おいしい!
と飲んでいただいたほぼ全員の方が言ってくださいました。
中にはおかわりをしにくる小さなお子さんも。
今回、白川茶を知っていた方はほぼゼロでしたが白川茶のおいしさを
飲んで知っていただけた事がなにより嬉しく、収穫でした。
白川茶の取り扱いもして頂くことになり、
白河市JAしらかわ り菜あん本店に白川茶が並んでいます。
物腰の柔らかい、温かい白河市のみなさん、また伺いたいと思っています。

※クリックで写真を拡大いたします。

14日は東白川夏まつりに参加しました。
協力隊は3人でフルーツシロップを使ったドリンクを提供しました。

7種類のフルーツシロップ
・リンゴ&キウイ
・ブルーベリー
・マンゴー
・しそ
・パイン
・グレープフルーツ
・ジンジャー

それぞれのシロップをお水や炭酸、ウォッカで割りました。
お客様の要望でビールにシロップを入れたメニューも途中から加わりました。
その時その時で、新しい発見があるのは楽しいですね。
ステージなどじっくり鑑賞できなかったことだけが心残りです。

最後の花火、とても感動しました。
あんなに近くで見ることは都会ではなかなかできないですし、
ここならではの醍醐味だと思います。
人の心に打ち響く花火でした。また来年も!と楽しみが増えました。
村へきて、お祭りに何度か参加しましたが、いつも思うこと。
会場の設営・撤収がものすごく早く、毎回驚かされます。
みなさん、何度も経験して慣れているのかとは思いますが、チームワークよくテキパキと動く姿に感動します。

多くの方に楽しんでもらえる場
裏を見てみれば、多くの人の手があってこそできあがる場なのですね。
私もその手に少しでもなれたかなと今年の夏祭りの反省をしています。
来年もよいお祭りになりますように。

※クリックで写真を拡大いたします。

野菜をたくさん食べたくて野菜プレートを作りました。
新鮮な野菜をいただくと料理が楽しいです。
金時草ごはんは鮮やかな紫色になりました!

お菓子づくりもたまにしています。
緑茶の琥珀糖。シャリっとした食感がおもしろいお菓子です。
来月は秋野菜なにがでてくるかな~と楽しみにしています。

※クリックで写真を拡大いたします。

個人のページへ戻る

活動報告書

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる