カテゴリメニューはこちら

佐藤 里奈さんの部屋 | 10月活動報告書

東   白   川   村
地域おこし協力隊
活   動   報   告

10度をきる冷え込む日がでてきた10月。
秋はあっという間に過ぎ去っていくのは毎年経験していても寂しい気持ちになります。
東白川の冬は思った以上に早くやってきそうで、急いで残りの秋を楽しまないとと少し焦ります。
去年見て感動した神田神社の紅葉を今年も楽しみに待っています。

10月10日村民運動会に参加しました。
私たち協力隊ははじめてなので楽しみにしていましたが、村民の方も久しぶりの運動会の開催をとても楽しみにしていたようです。
雨の影響で一日延期になってしまいましたが、当日は暑いくらいの秋晴れでとても気持ちの良い運動会日和でした。
村へきて一年ちょっと。たくさんの村民の方とお会いする機会はありますが、
村民運動会ともなればやはり初めて会う方ばかりで新鮮でした。
村に住んでいても行動範囲が決まってくると会える人が限られてくるので
もっといろんな方と話してみたいなと思わせてくれるきっかけになりました。
実際に子供たちと触れ合う機会が今まであまりなかったのですが、運動会にきていた元気な子供たちと
追いかけっこをしたりとても楽しい時間を過ごせました。
毎年行う行事ではないそうなので残念ですが、地区ごとの団結力を見ることができ
何よりみなさんとても楽しそうに参加していたので定期的に続けてほしいイベントです。

※クリックで写真を拡大いたします。

活動のお話をします。
私は茶業振興会の皆さんと白川茶の茶業振興に取り組んでいます。
茶業振興会では今、東白川のお茶づくりに取り組んでいるお茶屋さんの取材をし小さな冊子を作っています。
現在は各お茶屋さんの取材・写真撮影をしています。
一口に白川茶といってもいろいろなお茶があり、地区ごとで目指すお茶は変わり、各お茶屋さんでまた特徴がでます。
しかし、共通していえることは白川茶は”香り”がとても特徴的だということ。
私も村に来るまでは静岡茶に慣れていたので、白川茶の香りは今まで飲んでいたお茶とは全く違うな
という感覚でした。きっとこの香りで、ほっとする方も多いのではないでしょうか。
もっとたくさんの方に東白川の香りを届けられるようになるといいです。

ものづくりは作り手さんの想いが顕著にでるものだと思います。
私はその想いをつなげていくお手伝いをしていきたいです。
写真は松雪園さんのサークル茶園。
歩いているとグルグル目が回りますが、見晴らしも良くてとても素敵な茶園です。
Google Earthを使って上空から松雪園さんの茶園を見ると指紋のように見えたり、
他の茶畑も特徴があり普段見ているものとは違う村を発見できておもしろいので
ぜひ東白川村を覗いてみてください。

※クリックで写真を拡大いたします。

協力隊中島さんのパン作りをお手伝いさせてもらいました。
五加茶生産組合のお茶をつかったあんぱんを製作するというもので、
あんにお茶が練りこまれているものと生地にお茶が練りこまれているものの2種類を焼きました。
パン屋さんのないこの村で手作りのパンを食べられるということはとても嬉しいことです。
焼きたてのパンの匂いは本当に幸せな気持ちにさせてくれます。
今年の春からパン作りを学んで、今回は100個という量でしたがきちんとスケジューリングして時間内に
きちんと焼き上げた中島さんを見ていると、人はこうやって場をこなして成長していくのだなと思いました。
頑張っている彼女を見ると私も手を動かさなきゃとやる気がでてきます。
秋フェスタでは私も自分の手で作ったものをみなさんにお見せしたいと思います。

※クリックで写真を拡大いたします。

10月の料理。
中島さんのパンにかぼちゃのスープ。
レーズンサンドクッキー。

※クリックで写真を拡大いたします。

個人のページへ戻る

活動報告書

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる