カテゴリメニューはこちら

佐藤 里奈さんの部屋 | 5月活動報告書

東   白   川   村
地域おこし協力隊
活   動   報   告

5月。また今年も新茶の季節がやってきました。
今年は例年より早いGW中に一番茶が始まりました!
5月6日五加茶生産組合
5月13日東白川製茶組合
それぞれの組合の品評会用の手摘みが行われます。
今年は五加茶生産組合の手摘みに参加し、30名ほどの摘みこさん達と一緒に、一芯二葉で摘んでいきました。
一番茶の時期は、気温もちょうどよく、風が通るととても気持ちの良いものです。
これが二番茶の時期になると、そんなこと言っていられないくらい暑く、厳しいものへと変わります。
景色を楽しみながら、皆さんとおしゃべりしながら、でもしっかりと摘んでいく。
毎年思いますが、手摘み作業は本当に忍耐力がないとできません。

同日午後は大門茶の手摘みもしました。
毎年、保存会の皆さんや関係者含めて10名ほどで摘んでいます。
大門茶は、石垣に生えている在来のものだけを摘まなければならないので、これまた大変なことです。
在来の生葉を求めてあっちこっち、みんなで移動しながら摘みました。
手摘みが終われば、今度は加工に入ります。
松雪園さんの加工工程も見せて頂きました。
昔ながらの機械が並んだ工場、とても良い雰囲気です。
ここでは親子でお茶に向き合っています。
今の時代、親と同じ業界で働く人は少ないと思いますが、松雪園さんのように白川茶への思いがしっかりあって、それぞれにお茶と真剣に関わっているのを見ると私も頑張ろうと思えます。

お茶の香りに囲まれた一日。この時期になると会える方も多く、とても楽しい幸せな時間でした。

※クリックで写真を拡大いたします。

添いとしての活動。
愛知県蒲郡で開催されたモノとごはんと音楽の市場、森道市場に添いのお茶を出品しました。
パッケージデザインをして下さったsheepさんのお店cont内で、私も実際に立ち、販売しました。
イベントは11日ー13日の三日間行われました。金曜日の夜は23時まで営業のナイトマーケットもあり、本当に長い時間白川茶のPRをさせて頂きました。
白川茶は知らないものの、飲んで見ると日本茶も美味しいね。と言ってもらえたり。
白川茶飲んでます! とお声がけいただいたり。

三日間でたくさんいい出会いがありました。
地道ではありますがこのような活動を続けて行きます。

※クリックで写真を拡大いたします。

今月のママサロンおやつはチーズケーキ。
材料を入れてはどんどん混ぜていくだけのものなので簡単おやつです。
頂いたさくらんぼを乗せて出来上がり。

※クリックで写真を拡大いたします。

京都から友達が遊びにきてくれたので、東白川村と白川村、二つの村を巡りました。
自然豊かだけど、景色に飽きたりしないの? と聞かれ、改めて考えてみましたが3年間飽きたことないです。
日々の小さな変化が面白いので、飽きるという感覚がわかりませんでした。村に何十年と住んでいたら変わってくるのでしょうか…。

※クリックで写真を拡大いたします。

今月の料理。
季節ごとに成る果実をいただくと本当に嬉しいです。
少しづつお裾分けします。

※クリックで写真を拡大いたします。

※クリックで写真を拡大いたします。

個人のページへ戻る

活動報告書

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる