カテゴリメニューはこちら

佐藤 里奈さんの部屋 | 7月活動報告書

東   白   川   村
地域おこし協力隊
活   動   報   告

暑い。
この一言に尽きる一か月間でした。
35度を超える猛暑が続きました。
村に来てからは暑いのが辛いと感じたことがあまりなかったので(感じても数日で終わってしまう)体がついていかず久しぶりに夏バテしました。

※クリックで写真を拡大いたします。

今月でママサロンのおやつ担当を卒業しました。
約1年間続いたママサロンのおやつ。
初回にぜんざいを作ったのもあり、最後は餡を炊いて終わりたいなと白ごまのブランマンジェにあんのトッピングというメニューを考えました。しかし、ブランマンジェが思ったよりも甘くなりすぎたので、煎茶寒天と白玉もトッピングしてぜんざい風になりました。

ママサロンでは小さな子供達に癒され、元気をもらい、普段、接点があまりないお母さんたちとも交流できたり本当に楽しい時間を過ごさせてもらいました。
月に一回、上手くできるかな。食べてもらえるかな。と終始心配しながら作っていたのですが皆さん毎回、残さず食べてくださって本当に嬉しく思います。

ありがとうございました。
最後におやつの振り返り。

※クリックで写真を拡大いたします。

※クリックで写真を拡大いたします。

※クリックで写真を拡大いたします。

※クリックで写真を拡大いたします。

※クリックで写真を拡大いたします。

7月21日22日
東京・青山ファーマーズマーケット にて開催されたtea for peaceに東白川村”茶蔵園”が出店しました。
2回目となるtea for peaceですが茶業振興会としてお手伝いに行って来ました。
青山ファーマーズマーケットで開催されたお茶イベント出店も今回で4回目にもなります。
 
毎回、少しづつですが白川茶の認知度が上がっているのを感じることができとても嬉しいです。
リピーターの方もいらっしゃって、イベントで東白川村を知り、実際に村まで遊びに来てくださった方もいます。
大事なことは続けること。
本当に地道な活動で初めは結果が出にくいのですが、少しづつ少しづつ変わってきています。
 
その一つに、東京青山にお店を構える櫻井焙茶研究所さんの存在があります。
とても素敵なお店で、雰囲気が大好きなので東京へ行くたびにみんなで足を運びました。
スタッフの方々ともお話しさせていただき、実際に村へ来ていただいたこともあります。
 
東白川村のお茶を気に入っていただき、お店で取り扱っていただいています。
店内での喫茶メニューにも、全国の厳選された茶葉の中に東白川村の白川茶があるのです。
ぜひ、たくさんの方に白川茶を愉しんで頂きたいです。
青山のイベントが終わり、7月23日は鎌倉にあります鎌倉倶楽部 茶寮さんにて美濃和紙を使った茶筒作りワークショップを開催させて頂きました。
開催が一週間前に決まり、ワークショップ自体は3回目でしたが久しぶりなこともあり、不安を抱えつつ会場入りしました。
鎌倉倶楽部 茶寮さんは一度訪問させて頂き、スタッフの方も顔のわかる方だったのでお店に入った瞬間不安はなくなり、静かで穏やかなお店の雰囲気にとてもリラックスできました。
予約制のため、一回2〜3名でゆっくりと進め、皆さん最後まで真剣に作って下さいました。
 
ワークショップの流れはまず最初に好きな色と柄の美濃和紙を決めてもらいます。
この工程が一番悩み、楽しい作業です。
紙が決まれば型に沿って印をつけ、切断します。
切った和紙にのりをつけ茶筒に順番に貼り付けていきます。
最後に蓋と本体部分の線をカッターで切り離して完成です!
 
言葉にすると簡単そうなのですが、切ったり貼ったりするのは大人になるとあまりやらないそうで苦戦している方も。
それでも最後まで自分の手で完成させるととても嬉しそうに茶筒を眺め、私もとても嬉しかったです。
 
和紙の魅力もまだまだ未発掘です。これから勉強してお茶と共に発信していきたいなと思います。

※クリックで写真を拡大いたします。

個人のページへ戻る

活動報告書

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる