カテゴリメニューはこちら

佐藤 里奈さんの部屋 | 10月活動報告書

東   白   川   村
地域おこし協力隊
活   動   報   告

はじめまして。
10月1日から地域おこし協力隊に着任しました佐藤里奈です。
東白川村に来て、あっという間に1ヵ月が過ぎていました。
この報告書を通じて私自身のこと、協力隊のことを知ってもらえたらいいなと思っています。
まず東白川へきて思ったことはどこに行っても山が見えること。
私はもともと田舎出身ですので自然いっぱいの環境は見慣れているのですが、東白川村の山と川の景色は本当に感動します。
寝ても起きても、耳をすませば川の流れる音が聴こえ、山を横目に通勤。とても気持ちいいです。
北国生まれなのに寒がりなので冬の寒さに今から怯えていますが…。
四季を通して村のいいところを見つけていきたいです。

※クリックで写真を拡大いたします。

活動のことをお話します。
まずは村のこと知ることが第一の仕事だと思っています。
この1ヵ月間は地域を回ったり、どんな産業があるのか森へ行ったり、企業で職場体験をしました。
新世紀工房さん、ふるさと企画さん、白川茶屋さん。ほとんどが人の手をつかって製品を仕上げていくことにびっくりしました。
トマトジュースひとつにしてもトマトのへたとり、瓶詰め、箱詰め。機械に頼りますが誰かがいないと成り立たない連携作業です。
従業員のみなさんの作業の早さにも驚きました。私がトマトのへたひとつ取るのに苦戦している横で一つ二つ、三つとどんどんへたが取られていきました。
普段なんとなく飲んでいたジュースのできていく過程をみただけで見方がぐんと変わるので不思議です。

新世紀工房さんではお茶畑や工場を見せていただき、おいしいお茶の淹れかたも教えて頂きました。
4人でそれぞれ淹れてみましたが飲み比べてみると、同じ茶葉でも味の違いがでました。

※クリックで写真を拡大いたします。

村有林で山の植物、測量と伐採の方法を教えて頂きました。
自由に動き回る私たちと違って種の落ちたその場所で、過酷な環境でも力強く根付いている木。
この村には山と生きる人たちがたくさんいるのでもっと山のことを知りたいと思いました。

※クリックで写真を拡大いたします。

やさしい村の方たちに丁寧にたくさんの事を教えて頂きました。
緊張の 10 月も終わり、11 月はより楽しみながら村の事を勉強していきます。
11 月は秋フェスタに出店しますので、多くの方とお話しできたらと思っています。

「かぼちゃのスコーン」
かぼちゃ 100g
○薄力粉 150g
○強力粉  50g
○ベーキングパウダー 15g
○さとう 10g
○しお 1g
サラダ油20g
豆乳 100ml

 
  1. かぼちゃの皮をむきレンジで柔らかくなるまでチン
  2. 加熱したかぼちゃに牛乳を入れ、滑らかになるまで潰し混ぜる。
  3. ○の粉類をボウルに入れ混ぜ合わせ、サラダ油を入れポロポロになるようにすり混ぜる。
  4. ③に②のかぼちゃを入れ、さっくり混ぜる。
  5. 生地を麺棒でのばし三つ折りに。(3回繰り返す)
  6.  1.5cm厚に生地をのばし、好きな型で抜く。
  7.  200℃のオーブンで15分焼く。

個人のページへ戻る

活動報告書

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる