東白川村森林組合について

東白川村森林組合は、自然と人間の共生する循環型社会を目指し、環境に配慮した適切な森林管理と木材等の森林資源の有効利用を通じて社会に貢献することを基本理念として、森林の整備育成・木材の生産・木材の販売及び組合員の林業活動の指導を行いながら、地域の9割を占める森林管理を担うものである。
また、この地球は「東濃檜」の主産地であり地域住民の経済は、林業と木材関連産業への依存度が極めて高い。原木市場・製材工場・ブレッカット工場・産直住宅と一貫した木材の流通が形成された中で、森林組合の役割は非常に大きい。

東白川村は、岐阜県の東南部に位置し東北に高く西南に低く傾斜した総面積87.11km2の渓谷型の農山村である。 標高は、海抜250mから1,132mまでで高低差が大きく、気候は表日本型気候に属している。 最低気温マイナス15℃ 最高34℃ 平均12.9℃で気温較差が大きく、年降水量は、1500mmから2500mmで比較的多雨である。
総面積の90.3%にあたる7.862haが森林であり、その内73%がヒノキ・スギの人工林である。 [東濃ひのき]の主産地であり地域住民の経済は、林業と木材関連産業への依存度が極めて高い。 原木市場・製材工場・プレカット工場産直住宅と一貫した木材の流通が形成され、 その中で森林組合の役割は非常に大きく地域に貢献している。

所在地

〒 509-1301 岐阜県加茂郡東白川村越原46-1
電話:0574-78-2009  FAX:0574-78-2594
メールアドレス:hinoki@giga.ocn.ne.jp

業務内容

業務内容
指導部門 森林づくり・産業振興・経営管理指導・災害防止
販売部門 木材共販・素材と加工品・林産事業
購買部門 種苗・機械器具・その他
利用部門 植栽・下刈・作業路・景観整備

森林管理方針

基本理念

自然と人間の共生する循環型社会を目指して、環境に配慮した適切な森林管理と木材等 の森林資源の有効利用を通じて地域社会に貢献する。

東白川村森林組合は、地域の9割を占める森林管理を担うものとして、関係する法規制や 森林管理のための原則を遵守し、組合の事業活動である「森林の整備育成、木材の生産、木材 の販売及び組合員の林業活動の指導」を以下の基本方針に基づき実施する。

  • 環境に配慮した森林管理方法を明らかにし、従業員並びに関係機関に対する理解と意識の向上に努める
  • 地域社会の一員であることを認識し、広く社会との良好な関係が保たれるように努める
  • 常に長期的視野に立って経営計画を定め、確実な実行、定期的な点検、見直し改善に努める

活動項目

  • 天然林を保護し、景観の多様化を図り豊かな生態系を礎きます
  • 私たちの清流白川を守り、下流域住民の水瓶として森林を保全します
  • 野生動物と共生のための森林環境を整備します
  • 森林内を流れる渓流の水質汚染を防ぎ、水生生物の多様性を確保します
社会
  • 森林のもつ多面的な機能について広く一般住民に理解を求めるため、都市住民と連携した森林づくりをします
  • 従業員の就業安定の確保と地域社会の雇用の場として社会的・経済的に寄与します
  • 子供たちへの環境教育の場として、フィールド及び情報の提供を行います
  • 管理する森林において行われる他機関の事業について、環境負荷を少なくさせる事を指導します
経済
  • 循環型社会における木材の価値を高め、木材の利用拡大と安定供給に努めます
  • 経済的な森林管理のために、高密路網の整備と管理計画に基づく施業を実行します
  • 木材生産.森林整備のコスト軽減のために合理化を徹底的に実行し、かつ、環境負荷を最小にする努力をします

附則 この方針は平成14年6月26日より施行する。  東白川村森林組合

環境面の取り組み

オフセットクレジット(J-VER)を活用した森林整備

東白川村のJ-VERは、森を手入れするために活用されます。

森林吸収プロジェクトの情報
プロジェクト名 岐阜県東白川村森林組合の「FSC認証林」間伐プロジェクト
~ つちのこ村で、環境にやさしい里山づくり ~
対象面積 243.43 ha
発行量 2,571 t -CO2
登録番号 0079
クレジット発行 2011年6月
J-VERの活用方法

J-VERは豊かな森づくりに活用されます。

  1. 東白川村にある森林管理団地(6地区)に配分 -- 間伐などの手入れを行うために必要な作業路維持などに用います。
  2. 森林認証に加入している森林所有者に配分 -- 環境に配慮した森林管理を続けるための資金となります。

環境保全に取り組む自治体との連携

環境を大切にしている都市と東白川村の結びつきを紹介いたします。

「みなと森と水ネットワーク会議」への参加 -- 東京都 港区

東京都港区での国産木材の活用を促進することで、二酸化炭素(CO2)固定量の増加および 森林整備の促進によるCO2吸収量の増加を図り、地球温暖化防止に貢献する制度です。 港区長と全国の森林資源を豊富に持つ自治体の首長が、都市と地方が共同で低炭素社会の 実現をめざし話し合う場が「みなと森と水サミット」です。
東白川村は協定自治体として協定を締結しており、東白川村森林組合は国産材、 特に上質の東濃ヒノキを生産・供給する体制を整えています。木材利用の活性化 を通して地球温暖化防止につながる低炭素社会の構築をめざします。

「恵みの森づくりコンソーシアム」への参加 -- 岐阜県

これまでの林業生産を重視した森林づくりと併せて、「清流の国ぎふ」の森づくりとして、「環境」を重視した 「守って、活かす」、「恵みの森林づくり」への取り組みを岐阜県とともに発信しています。

「可児市 環境フェスタ」との連携 -- 岐阜県可児市

岐阜県可児市で開催された「可児市 環境フェスタ」に、カーボン・オフセットの取り組みなどを 紹介したパネルなど展示しました。「可児市 環境フェスタ」はオフセットイベントとして開催され カーボンオフセットに東白川村のJ-VERが活用されました。

環境保全に取り組む団体・企業との連携

環境を大切にしている企業と東白川村の結びつきを紹介いたします。

団体
「一般社団法人 more trees」

東濃地区における5つの展開

  1. more trees organic (コスメグッズの開発)
  2. more trees paper (紙としての利用)
  3. ウェルネスツーリズム(グリーンツーリズム)の展開
  4. 東濃ヒノキのパリへの輸出
  5. カーボンオフセット
企業

東白川村新巣地区における2つの協定

  1. サントリー「天然水の森 ぎふ東白川」における生きた森林づくり協定
  2. 東白川村新巣地域森林整備推進協定

東白川村森林組合

〒509-1301
岐阜県加茂郡東白川村越原46-1

tel.0574-78-2009

fax.0574-78-2594

リンク:ページの先頭へ戻る