カテゴリメニューはこちら

ペット

犬を飼うときは

飼い主のマナーについて

 犬を飼い始めたら、最後まで面倒をみましょう。
 犬を飼う場合には、飼い犬が人やほかの動物などに危害を加えないように、放し飼いはやめましょう。また、散歩中の糞の始末などマナーを守りましょう。

登録について

 犬を飼い始めたら、犬の登録と狂犬病予防注射が必要です。
 生後91日以上の犬は、「狂犬病予防法」により、生涯1回の登録と狂犬病予防注射の接種(毎年)が義務付けられています。

犬の登録
登録料

 3,100円

手続き

 保健福祉センター

 鑑札を交付しますので犬の首輪等見えるところにつけてください。

住所変更・死亡等

 犬の住所の変更や死亡した場合も届出が必要です。
 鑑札をご持参のうえ、保健福祉センターに届出してください。

 

狂犬病予防注射について

 毎年1回狂犬病予防注射を受けさせ、鑑札と注射済票を首輪につけてください。
 (4月-6月に予防注射を受けさせるように定められています。)

集合注射

 5月に村内各所を巡回します。日程はPDFファイルをご確認ください。

2017年度(平成29年度)の集合注射は終了いたしました。
当日用意して頂くもの

 接種料金:新規犬6,270円 登録犬3,170円
 案内はがき

猫を飼うときは

飼い主のマナーについて

 猫のふん・尿、鳴き声、ゴミを荒らすといった苦情が多くなっています。近隣の方に被害や迷惑を及ぼさないよう責任もって飼ってください。

 猫は餌を充分に得られれば、特に広い生活空間は必要としません。交通事故や感染症から飼い猫を守るためにも室内飼養をおすすめします。

飼い猫避妊・去勢手術費助成事業

 猫がみだりに繁殖することなく、適正な飼育を受けるとともに、村民の清潔で快適な生活環境を確保することを目的に飼い猫の避妊・去勢手術費用の一部助成を実施しています。

助成の対象
  1. 東白川村に住民登録があり、居住する人で、本村で猫を飼っている人(1世帯につき猫1匹)。
  2. 村税の滞納のない人。
助成金の額

 猫1匹につき、雌雄ともに5,000円

申請方法

 手術をした日から3ヶ月以内に手術費の領収書と申請書を保健センターまで提出してください。
 申請書類等は保健福祉センターにあります。

捕獲器の貸出について

 猫の捕獲等の捕獲器の貸出を行っています。
 保健福祉センターにて貸出申込書を記入のうえ、注意事項を守ってご使用ください。貸出期間は2週間以内です。

動物愛護センターからのお知らせ

 平成26年度に美濃市にオープンした岐阜県動物愛護センターでは、毎月さまざまな行事を開催しています。
 詳しくは下記のPDFファイルをご覧ください。

 

お問い合わせ先

東白川村保健福祉センター 保健係

0574-78-2100(内線:634)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる