カテゴリメニューはこちら

村長室へようこそ

11月 菊友会作品

ご挨拶

東白川村長 今井俊郎

 東白川村のホームページをご覧頂きありがとうございます。

 東白川村は合併や分村をせずに127年の歴史を重ねる山あいの小さな農山村ではありますが、ここに生活する人々は自然豊かで風光明媚なこの村をこよなく愛して活き活きと輝いて生活しています。

 東白川村総合計画の村づくりの理念は、「豊な自然と美しい景観に包まれて 人が輝く 地域力のあるむら 東白川」です。

 この目標を達成するために、私の村づくりの基本方針を掲げます。

  ・ 農林業の振興による村民所得の向上
  ・ 情報過疎にならないICT活用の村づくり
  ・ 長期的かつ持続的な子育て支援策の実施
  ・ 在宅介護と施設介護の充実
  ・ 地域医療体制の確立
  ・ 安心安全な生活を護る防災力の強化
  ・ 豊な自然と人情を次世代に伝える努力

 小さいながらも光り輝く東白川を目指して村づくりに邁進して参ります。

 東白川村長 今 井 俊 郎

今月のメッセージ

 天高く晴れわたるといった秋空が少ないまま霜月となりました。
 紅葉前線ならず秋雨前線のニュースが目に付く日々が続いています。
 
 衆議院の総選挙もありましたが、30年度の予算編成に向けて要望活動や、様々な団体の全国大会が開催される季節でもあります。村でも来年度の予算編成に向けて各団体の要望をお聞きし、総合計画の見直しを行なう作業に着手しております。そんな中、先日、全国源流の郷協議会主催の首長会議と源流サミットが東京で開催され出席して参りました。東京農業大学の宮林茂幸教授の基調講演があり、これからの村づくりに大いに参考になるとともに、重要な観点である話がありましたので紹介したいと思います。
 
 まず、課題として、源流の里を構成する町や村は何れも中山間地であり、人口減少と高齢化が進み、大変厳しい状況に置かれていることは共通しております。しかし、このままでは過疎化が進み消滅自治体への道をまっしぐらでよいわけがありません。宮林教授は、「こうした源流地域の保全は国の重要な安全保障のひとつである。」と説かれています。そして源流地域の保全とは、ダムや砂防堰堤を作ることだけではなく、その地域に人々が住み続けそこで生活を営み続けることこそが重要で、そうでないと国土の監視ができず山や川は荒れ、やがてその類は、都市住民をも危機に陥れることになると説かれました。源流域で暮らしている私たちにとって勇気づけられる話でもあり、全国民の共通の課題であるという事を訴え続けて行く努力を続けなければならないと思っています。
 ・全国源流の郷協議会 http://genryunosato.net/(外部リンク)
 
 超大型の台風21号が上陸しましたが、備えあれば憂いなしで早めの避難を心がけていただいた皆さんもありました。直撃にはならず、幸いにも本村では風倒木や停電が発生した程度で済み、怪我や人命にかかる事故も無く安堵しています。しかし、強風による家屋の一部破損などの被害も報告されており、被害に遭われました皆様には心からお見舞いを申し上げます。
 
 こうした台風だけでなく、近年各地で発生している集中豪雨や東南海地震などの大規模災害対策の一環として、フォレスタイル事業でご縁ができた長野県信濃町と「災害時における相互応援に関する協定」を締結いたしました。
 ・災害協定 https://www.town.shinano.lg.jp/docs/315490.html(外部リンク)
 
 信濃町は、黒姫山や野尻湖、有名なスキー場やゴルフ場が多くある観光地であります。また、俳人の「小林一茶」生誕の地であり、小林一茶記念館もあります。調印式では、「有事の際の協力はもちろんですが、これから産業や文化振興の面で、民間ベースの交流が盛んになることを願っています。」と挨拶して参りました。既に両町村の「道の駅」同士の交流が始まっています。村内の皆さまにも、団体やグループでの交流を活発に行なっていただけるようになることが、本来の目的である有事の際の助け合いにつながることと考えています。
 ・長野県信濃町 https://www.town.shinano.lg.jp/(外部リンク)
 ・一茶記念館 http://www.issakinenkan.com/(外部リンク)
 
 11月2-3日文化祭、11月12日秋フェスタと行事の多い季節となります。
 ・東白川村秋フェスタ https://www.vill.higashishirakawa.gifu.jp/syoukai/event/top4/#autumn
 東白川の紅葉スポットを発掘する「もみじプロジェクト」も始まりました。
 深まり行く秋を楽しみたいものです。


 
平成29年11月
   東白川村長 今 井 俊 郎

先月以前のメッセージをご覧いただけます。

 下記PDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

村長の言葉

 各種行事での挨拶等をご覧いただけます。
 下記PDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

歴代村長

歴代村長一覧
歴代 氏名 就任年月日
14代 今井 俊郎 平成26年4月23日
13代 安江 眞一 平成18年4月23日
12代 安江 啓次 平成11年4月30日
11代 桂川 眞郷 昭和62年4月27日
10代 安江 多策 昭和46年4月30日
9代 河田 勘市 昭和26年4月23日
8代 伊藤 稔 昭和21年4月4日
7代 栗本 英吉 昭和10年10月11日
6代 村雲 英一郎 大正6年10月14日
5代 伊藤 祐三郎 大正2年10月14日
4代 苅田 乙三郎 明治42年10月14日
3代 今井 栄介 明治34年10月14日
2代 土屋 禎次郎 明治30年10月14日
初代 神戸 弥助 明治22年8月10日

目安箱

よりよい村政の実現のために、村民の皆さんが、日ごろ感じていることや、「こうなればもっと良いのに」と望まれることなど、どんなことでも結構ですので、お気軽に「村長へ私の提案」としてお寄せ下さい。

目安箱に投稿する

資産公開

 

お問い合わせ先

総務課

0574-78-3111(内線:210)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる