カテゴリメニューはこちら

村長室へようこそ

ご挨拶

 東白川村のホームページをご覧頂きありがとうございます。

 東白川村は合併や分村をせずに127年の歴史を重ねる山あいの小さな農山村ではありますが、ここに生活する人々は自然豊かで風光明媚なこの村をこよなく愛して活き活きと輝いて生活しています。

 東白川村総合計画の村づくりの理念は、「豊な自然と美しい景観に包まれて 人が輝く 地域力のあるむら 東白川」です。

 この目標を達成するために、私の村づくりの基本方針を掲げます。

  ・ 農林業の振興による村民所得の向上
  ・ 情報過疎にならないICT活用の村づくり
  ・ 長期的かつ持続的な子育て支援策の実施
  ・ 在宅介護と施設介護の充実
  ・ 地域医療体制の確立
  ・ 安心安全な生活を護る防災力の強化
  ・ 豊な自然と人情を次世代に伝える努力

 小さいながらも光り輝く東白川を目指して村づくりに邁進して参ります。

 東白川村長 今 井 俊 郎

今月のメッセージ

 例年より遅い桜の開花となり花見を楽しむ時間もあわただしく、新緑の5月となりました。
 
 小中学校、保育園では新入生が元気に登校、登園する光景が見られ、それに倣うかのようにツバメ達も盛んに飛び交い早くも巣作りを始めています。農作業も多忙な時期を迎え、村中が活気に満ちた季節となりました。
 
 『忖度(そんたく)』
 早くも今年の流行語大賞の候補に挙げられているほど、色々な場面でこの言葉を見聞きし、多くのコラム欄などで取り上げられているとは思いながらもご多分に漏れずということで私も少し……。
 この言葉は「他人の心をおしはかること」という意味ですが、日本語は使われる場面や、使う人聞く人によって微妙なニュアンスの違いが出てきます。英語には無い言葉で、通訳が訳せなかったと話題にもなりました。性善説を信奉する私としては、限りなく良い意味でこの言葉を使いたいと思っております。
 
 さて、本題に入り、本稿では東白川村の地域おこし協力隊員について私のこの制度活用の目標とするところを記してみたいと思います。地域おこし協力隊制度は2009年に創設された制度で、都市から地方への人口、特に働き手の世代や若者の移住を促進する事を目的として、国が人件費などの大部分を特別交付税で3年間措置し、地方の自治体が取り組みやすい制度として発足しています。
 本村では平成25年度に2名、平成27年度に3名、平成28年度に4名の隊員が採用され、現在は6名が村内で活動してくれており、初代の隊員で任務終了後も東白川村に残って活躍してくれている元隊員も入れると7名になります。
 
 初代の2名はフォレスタイル事業、空き家対策と地域振興の仕事を担当するという前提で募集しました。2期目の3名は特に仕事を特定せずこの村でやりたい事を見つけて地域の皆さんと協力し合って村の活性化を目指して活動して行くことを目的として募集しました。現在も木工や白川茶の振興に取り組んでくれています。そして3期目の4名は、第三セクターである「株式会社ふるさと企画」、「有限会社新世紀工房」、「みのりの郷東白川株式会社」への派遣社員として、3年間は地域おこし協力隊として働き、さらに任務終了後はそれぞれの会社の幹部社員となってもらうことを目的として募集しました。そのため勤務先を決めるにあたっては、受け入れ先の社長と面接をして充分な相互理解の上、着任してもらいました。それぞれの会社の仕事内容は違いますし目的とするところも異なりますが、4名の隊員の今後の活躍に大いに期待しているところであります。
 
 このように本村の地域おこし協力隊員は、制度の目的としている都市からの若者の移住ということについては共通しておりますが、期待されている任務はそれぞれ違うという事をご理解いただき、隊員達が早く東白川村に溶け込み溌溂(はつらつ)と活躍できるようご支援をお願いいたします。
 
  平成29年5月
     東白川村長 今 井 俊 郎
先月以前のメッセージをご覧いただけます。

 下記PDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

村長の言葉

 各種行事での挨拶等をご覧いただけます。
 下記PDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

歴代村長

歴代村長一覧
歴代 氏名 就任年月日
14代 今井 俊郎 平成26年4月23日
13代 安江 眞一 平成18年4月23日
12代 安江 啓次 平成11年4月30日
11代 桂川 眞郷 昭和62年4月27日
10代 安江 多策 昭和46年4月30日
9代 河田 勘市 昭和26年4月23日
8代 伊藤 稔 昭和21年4月4日
7代 栗本 英吉 昭和10年10月11日
6代 村雲 英一郎 大正6年10月14日
5代 伊藤 祐三郎 大正2年10月14日
4代 苅田 乙三郎 明治42年10月14日
3代 今井 栄介 明治34年10月14日
2代 土屋 禎次郎 明治30年10月14日
初代 神戸 弥助 明治22年8月10日

目安箱

よりよい村政の実現のために、村民の皆さんが、日ごろ感じていることや、「こうなればもっと良いのに」と望まれることなど、どんなことでも結構ですので、お気軽に「村長へ私の提案」としてお寄せ下さい。

目安箱に投稿する

お問い合わせ先

総務課

0574-78-3111(内線:210)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる