カテゴリメニューはこちら

文化活動

文化活動(写真:東白川村の花<ミツバツツジ>)

 

東白川村の取り組み

目標

 東白川村では「心の豊かさが実感できる『ほこり』のあるむらづくり」を目指し、以下の目標を掲げています。

  • 地域に根ざした、村民の生き生きとした文化活動は、村の魅力と活力を高めるばかりでなく、地域に対する誇りと愛着を育むものとして益々重要になっています。そのため、村民のさまざまな文化活動を支援するため、文化にふれあう場づくりや機会づくりを進めます。
  • 歌舞伎など郷土芸能や村の重要な文化財を村の財産として、理解と愛着意識を高めながら保存・活用を図り、郷土のすばらしさとその歴史についても伝承していけるよう努めます。

 

対策

  • はなのき会館を中心に積極的な学習機会の提供を行ったり、村のマイクロバスを活用した村民が一流で質の高い文化・芸術に触れ、親しむ機会を提供します。
  • 文化協会を中心とした文化サークルの会員掘り起こしを支援しつつ、時代に即した新たな文化サークルづくりを支援します。
  • 現在登録されている文化財の保護・保存に努め、新たな重要な文化的遺産の調査、研究、保存活動に努めます。
  • 古いもの館に展示、保管されている民俗資料のデーターベース化、展示場の有効活用と定期的な展示物の並び替えと、施設の維持管理に努めます。
  • 村の伝統行事を子どもたちに伝え、理解してもらうために、子ども会の活動や高齢者との交流を通じて、「見て・触って・やってみる」ことを体験させることが大切な要素であり、そのための学習機会を設けます。
  • はなのき会館の改修にあたっては、施設利用者である文化協会、歌舞伎保存会、コンサート関係者等による「はなのき会館改修検討委員会」を設立し、その中で使用者の意向を取り入れながら、必要な建設計画を樹立するものとします。

 

関連事業(予定も含む)

  • はなのき会館改修事業(基本・実施設計、設備改修工事)
  • 古いもの館維持修繕事業(実施設計、設備改修工事)
  • 指定文化財管理事業(石戸神社記録作成、ハナノキ自生地保全管理)
  • はなのき会館ホール事業(文化講演会・コンサート)
  • 公民館講座事業(お出かけ公民館講座等の実施)
  • 古いもの館民俗資料データーベース化事業
  • 伝承芸能団体補助事業(神楽獅子舞保存会)
※東白川村第5次総合計画より抜粋
 
 

支援事業

東白川村各種大会等参加激励金交付事業

 スポーツ活動、もしくは文化活動を対象とした各種大会の選手もしくは参加者として、全国規模以上の大会に出場する団体または個人に対し激励金を交付します。

交付対象者および団体
  1. 本村に在住または本村の出身で、全国規模以上の大会に出場する選手の方および団体。
  2. その他各種大会等に参加するもので、村長が激励金を交付することが適当であると認めた方および団体。

 

激励金の額

 激励金の額は、予算の範囲内において次のとおりです。ただし、交付する個人および団体が同じ大会で共に対象となった場合は1件とし、1件について3万円を超える場合は、3万円を限度とします。

  1. 全国大会の場合は、1人あたり5,000円以内。
  2. 国際大会の場合は、1人あたり10,000円以内。

 

交付手続

 激励金を受けようとする選手および団体は、各種大会が開催される15日前までに、激励金交付申出書(別紙様式第1号)に必要事項を記入し、教育委員会へ提出してください。

申出書

 下記PDFファイルまたはWordファイルをダウンロードしてご利用ください。

 

お問い合わせ先

東白川村教育委員会事務局 教育係(東白川村役場内)

0574-78-3111(内線:240 241)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる