カテゴリメニューはこちら

妊娠・出産

母子健康手帳の交付(妊娠の届出)

 分娩予定日が決定したら、母子健康手帳を交付します。
 母子健康手帳の使い方や東白川村の母子保健事業を紹介し、相談にも応じます。
 母子健康手帳の交付は予約が必要です。

妊婦健康診査費用助成

 母子の健康の保持及び増進を図るため、14回分の妊婦健康診査費用の助成を行っています。
 その他、妊娠中に必要な検査費用の助成を行っています。

公費助成の内容

基本妊婦健診 14回分
検査内容 妊娠初期検査 1回分
子宮頸がん検査 1回分
超音波検査 4回分
血液一般検査 2回分
血糖検査 1回分
クラミジア検査 1回分
B群溶血性レンサ球菌検査 1回分

受け取り方

 母子健康手帳交付時にお渡しします。

村外から転入された場合

 転入された方は、妊婦健康診査受診票を東白川村のものと引き換えますので、保健福祉センターに連絡の上お越し下さい。

(持ち物) 母子健康手帳、前住所地で交付された受診票

医療機関受診方法

 岐阜県内の医療機関で使用できます。受診の際には、受診票と母子健康手帳を持参してください。県内の助産所または、県外の医療機関で受診される場合は、一旦自費払いをして、後ほど費用の一部を助成します。
 詳しくは保健福祉センターまでお問い合わせください。

妊婦歯周疾患健診

 歯周病やむし歯などのトラブルがおきやすい妊婦さんの口腔を健全に保持するとともに、胎児の健全な発育を図るために、妊娠中に無料で健診を受けることができます。
 対象は、村内に住所のある妊婦さんです。
 受診を希望される方は、受診票を交付しますので保健福祉センターまでお申込ください。

新生児聴覚検査費用助成

 子どもの成長発達には「聞こえ」の機能が大切です。しかし生まれつき耳の聞こえに障がいのあるお子さんがあります。耳の聞こえの障がいは早いうちに適切な支援により、成長発達を促すことができるといわれています。医療機関では、出産後、入院中に新生児聴覚検査を実施しています。
 東白川村では、安心して検査を受けていただけるように検査費用の一部を助成しています。

対象検査/助成額

「自動聴性脳幹反応検査(自動ABR)」

 上限5,000円
※赤ちゃんの頭にヘッドホンのような専用の器具を貼り付けて、ささやき声くらいの小さな音を聞かせて、音が聞こえたときに出る脳波の一種を検査する方法。

「耳声響放射検査(OAE)」

上限3,000円
※赤ちゃんの耳にイヤホンを入れて、ささやき声くらいの小さな音を聞かせ、耳の中から反射してくる音を測定する方法。

対象者

 東白川村に住所のある保護者(母)から生まれたお子さん

不妊・不育治療費助成

 医師が認めた不妊治療・不育治療を受けられる夫婦に対し、その費用を一部助成することにより、経済的負担を軽減することを目的に実施します。

対象となる治療・年齢・助成額

対象となる治療・年齢・助成額一覧
助成の対象となる治療
(医師が必要と認めた治療)
助成額 年齢制限
一般不妊治療 1年度上限5万円 制限なし
特定不妊治療
(体外受精・顕微授精)
1回上限10万円
年2回まで
43歳未満
不育治療 1年度上限5万円 制限なし

※岐阜県などの他の助成を受けた時は、その額を対象費用から差し引きます。
※他の市町村から助成を受けられたご夫婦、受けられる予定のご夫婦は対象となりません。

対象となる方

  1. 法律上の夫婦である方
  2. 治療期間および申請中に村内に住所のある方
  3. 夫婦の前年の所得の合計額が730万円未満である夫婦

 

お問い合わせ先

東白川村保健福祉センター 保健係

0574-78-2100(内線:633 634)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる