カテゴリメニューはこちら

緊急通報装置について

東白川村緊急通報装置貸与事業

事業の目的

 ひとり暮らし老人が家庭において急病や災害等の緊急時に迅速かつ適切な対応を図り安心して生活できるよう、ひとり暮らし老人に緊急時の連絡用として緊急通報装置を貸与し、福祉の増進に資することを目的としています。

貸与対象者

 下記のいずれかに該当する方。

  • おおむね65歳以上のひとり暮らし老人で緊急時の対応が危惧される方。
  • その他村長が必要と認めた方。
費用

 緊急通報装置の費用負担については無料です。

 詳細については下記お問合せ先までご連絡ください。

使用方法

【本体(中央)】
・ 「緊急」のボタン(オレンジのボタン)を押すと「あんしんケアサポートセンター」に通報、センターから応答があります。
 ※緊急時には、対応して下さる協力者(近隣の方)がいます。

・ 「相談」のボタン(緑のボタン)を押すと「あんしんケアサポートセンター」につながり、会話が出来ます。
 
【ペンダント(右)】
・ 黄色のボタンは「緊急」ボタンと同じ役割です。寝るときや外に出るときは首から提げて使います。
 ※家屋内でしたら通報は可能ですが、外は通じない時もありますので、玄関・庭先くらいでご利用ください。

※「あんしんケアサポートセンター」
 綜合警備保障株式会社(ALSOK)の子会社「アズビルあんしんケアサポート株式会社」が運営しています。

お問い合わせ先

東白川村保健福祉センター 福祉係

0574-78-2100(内線:631 632)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる