カテゴリメニューはこちら

農地法第3条の許可申請に係る書類について

農地法第3条の許可申請に係る書類について

 東白川村農業委員会では、農地法第3条に係る次の書類を備え付けています。
 申請される方は、産業振興課内の農業委員会事務局へお越しください。

(1) 許可申請書
(2) 許可申請書の記入例
(3) 農地の売買、贈与、貸借等の許可(農地法第3条)について
 ・農地法第3条の主な許可基準……許可のポイント
 ・農地法第3条許可事務の流れ ……申請から許可までの流れ
(4) 農地法
 第3条の許可申請についての添付書類&チェックリスト……必要書類の一覧
(5) 農業委員会からのお知らせ
 ・次回総会開催日……総会開催日
 ・許可申請書の受付締切日……申請書の受付締切日
 ・許可までの標準処理期間……標準処理期間
 ・別段の面積……設定面積、設定理由
(6) 申請書受付のお知らせ……総会開催日、交付予定日、問合せ先
(7) 農地法
 第3条許可申請書記入マニュアル...記入マニュアル

東白川村空き家に附属した農地の別段面積取扱基準

空き家に附属した農地の取得が1アールからできるようになりました。

空き家バンクを活用して住宅と農地を同時に取得する場合の特例について

 東白川村では、空き家の有効活用を通して、都市住民との交流拡大と移住定住の促進を図るため、平成25年度より空き家バンク(空き家情報登録制度)を設けています。
 空き家バンクの登録者の多くが空き家と農地を一緒に提供を希望しており、定住希望者についても家庭菜園程度の農地を希望していることが多いことがわかりました。
 しかし、本村では東白川村農業委員会が定めている農地の権利移転(売買・賃貸)の制限に関する別段の面積が20アールに設定されており、農地を持っていない方は、農地を取得することが困難な状況でした。
 この度、東白川村農業委員会では、空き家の利活用と移住定住を促進するため、別段の面積の特例を下記のとおり設けました。空き家と一緒に農地が取得しやすくなりましたので、ぜひ空き家バンクをご活用いただき、空き家と農地を有効に活用してください。
 
農地法第3条第2項第5号の規定により、農地又は採草放牧地の権利移転の制限に関し農業委員会が定める別段の面積
  1. 東白川村空き家バンクに登録された空き家付き農地……1アール
  2. それ以外の農地……20アール

 

空き家所有者のお手続きの流れ

  1. 東白川村空き家バンクに空き家を登録
  2. 「空き家に附属した農地指定申請書」(物件登録時に空き家バンクの担当者がお渡しします。)を農業委員会に提出
  3. 農業委員会総会で適当な農地であるか判断(適当な農地と認めた場合は告示)
  4. 所有者へ判断結果を通知
  5. 所有者と買主の両名で所有権の転移のための農地法3条許可申請書を作成し、農業委員会へ提出
  6. 農業委員会総会で審議(適当と認めた場合は許可書を交付) 
 
 

条件

  1. 空き家は、あらかじめ東白川村空き家バンクに登録されており、それに附属する農地は一筆ごとに農業委員会の指定を受けることが必要です。
  2. 東白川村空き家バンク制度を通して平成29年12月4日(告示日)以降に売買契約が成立した物件とします(遡っての適用は認められません)。
  3. 当該農地を取得後5年以上耕作してください。
  4. 申請者または世帯員等が農作業に従事してください。
  5. 周辺の農地利用に影響を与えてはいけません。
    (例:日本型直接支払い等の対象農地の場合は、集落協定を守っていただく必要があります。)

 


お問い合わせ先

東白川村農業委員会事務局(産業振興課 農務係内)

0574-78-3111(内線:262)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる