カテゴリメニューはこちら

特産

ひがし白川茶

ひがし白川茶

ひがし白川茶

 白川茶の起源は約600年前、大沢村蟠龍寺(おおさわむらばんりゅうじ)の住職が、宇治から茶の実を持ち帰り、里人に茶の栽培を奨めたのが始まりと言われています。
 山あいに拓かれた急峻な茶園で、谷川から湧き立つ朝霧と澄みきった大気、昼と夜との高い温度差のなかでゆっくりと、やわらかく新芽を育むひがし白川茶。
 この気象条件が、深みのある味とさわやかな色、懐かしさただよう独特の風味を育んでくれます。
 過去10回の農林大臣賞、そして天皇杯、日本農業賞に輝く高級緑茶です。

夏秋トマト

夏秋トマト

夏秋トマト

 夏秋トマトは、米に変わる換金作物として今や村の農業を支えるまでに成長しています。
 これまで一部の農家で夏秋トマトの栽培が行われていましたが、比較的収益も高いことから圃場整備後の高収益作物として位置付け、標高400 - 600mの地域に栽培を推進したところ、年々作付け農家・作付け面積も増加して手選果による出荷では限界となり、昭和61年度にトマト選果場を設置して夏秋トマトの産地化に努めてきました。
 これにより、個々の栽培面積の拡大と肥培管理の充実により安定生産が図られるようになり今では、中京圏域における主要な産地として地位を確立しようとしています。

産直住宅・東白川の家

産直住宅・東白川の家

産直住宅・東白川の家

 建築材の高級ブランド「東濃ひのき」と「白川大工」と称される優れた技術が一つになった「東白川の家」は、産直方式で信頼を得ています。
 東濃ひのきの柱で家を造る。和風住宅の最高の姿がそこにあります。
 強靱なねばり、さわやかなピンクの肌色、気持ちが落ち着く芳香。高級建築材のブランドは、一朝一夕に生まれたものではありません。下刈り、枝打ち、間伐と手塩にかけた適期作業と、温度格差の大きい気象条件の中で、じっくりと年輪を刻んで、村最大の特産は、今日も成長を続けています。

神棚

神棚

神棚

 本村は全国でも珍しい“寺のない”村。
 特殊な地域性と、ひのきの産地が生み出した伝統の神棚技術は今も受け継がれており、一つひとつが職人の手で作られています。
 東濃ひのきの美しい白木が特徴で、年月を重ねるごとに独特の光沢が出てきます。

 


お問い合わせ先

東白川村役場

0574-78-3111

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる