カテゴリメニューはこちら

東白川村老朽危険空き家解体支援事業

目的

 空き家を放置すると倒壊などで近隣に被害を及ぼしたり、火災や犯罪などにつながる恐れがあります。
 東白川村の美しい集落環境を維持するとともに村民の安全安心の確保を図るため、村内に存在する老朽危険空き家の解体に係る費用の一部を補助します。

補助の内容

概要

 村内に存在する空き家所有者などへの空き家解体撤去費用の助成。

補助率

 費用の1/3(上限30万円)

補助の対象及び条件
  1. 個人が所有する物件で、建て替えや土地の譲渡を目的としないこと。
  2. 東白川村空き家リスト(※)に登録した物件であること。
  3. 老朽化もしくは風雨、降雪その他の自然現象により空き家が倒壊し又は空き家などの建築資材などが飛散し、もしくは剥落により人の生命もしくは身体又は財産に被害を与えるおそれのある状態。
  4. 空き家に草木が生い茂り又は昆虫その他の動物が繁殖し、当該空き家の周辺の生活環境の保全に支障を及ぼすおそれがある状態。
  5. 建築物の破損、腐食などにより空き家に容易に不特定の物が侵入できる状態。
  6. 物権(抵当権など)や賃貸権が設定されていないこと。
  7. 村税などの滞納がないこと。
  8. 公共事業などの補償(道路等移転補償など)となるものは対象外とする。
  9. 依頼する業者は村内に事業所を有し、解体及び撤去の資格を有するもの。
  10. 解体後の跡地について、除草など適正に管理できること。

※空き家リストとは、村内の全ての空き家を対象にし、賃貸借などを希望する「東白川村空き家バンク」もこれに含まれる。

 詳しくは、下記までお問合せ下さい。

お問い合わせ先

総務課 企画係

0574-78-3111(内線:240)

メールでのお問い合わせはこちら

このページをSNSに共有する

ページの先頭に戻る

文字サイズ

色の変更

閉じる